【乳液先行】アルビオン効果の秘密と他に使える乳液ブランド

アルビオンを中心に広まっている乳液先行。

肌がふわふわする、より化粧水が浸透すると言われていますが……

それは「勘違い効果」だけです!

実は肌にとっては特にメリットありません。場合によってはデメリット、逆効果になります。

乳液先行って本当に効果あるの?
乳液による違いってあるの?

乳液先行の効果は勘違いだった!なぜメリットを感じるのか?

乳液先行をしている女性の口コミをまとめました。

  • 肌が柔らかくなる(モチモチ・フワフワになる)
  • 化粧水先行より肌がピリピリしない
  • 肌荒れしなくなった
  • 後の化粧水が早く浸透している
  • スキンケア後のベタつきがなくなった

こんな口コミがかなり多いです。

では1つ1つ理由を見ていきましょう。

肌が柔らかくなる

確かに乳液先行をすると肌が柔らかくなります。

この肌が柔らかく感じるのは何か?

  • 角質層の脂質構造が緩んでいる
  • 単純に油分の滑りを感じているだけ

この2つが理由です。

乳液先行で有名なアルビオンですが、成分表を見るとミネラルオイルが使われています。

ミネラルオイルとは鉱物油のことで、ワセリンやニベア青缶にも多く入っています。

特徴として植物オイルより肌の脂質に馴染みやすい性質があります。

オイルクレンジングは肌がバリバリに乾燥すると嫌う人が多いですが、あれはミネラルオイルのクレンジングを使った人の感想です。植物オイルならそんなことにはなりえません。

ミネラルオイルは肌角質層の細胞間脂質を溶かし込みやすい性質があります。緩んだ状態に界面活性剤が作用して肌の外に引き誰、セラミドが流出して乾燥します。

乳液先行の場合は、洗顔後の肌が何にもない状態にミネラルオイルなど油脂が作用します。

それで角質層の細胞間脂質に脂質が入り込み、油分が多い状態になります。

それプラス、油分の質感をより感じることになります。

そのため、肌がフワフワ、モチモチして柔らかくなったと感じるのです。

肌が、とみなさん言っていますが、正確には角質層が柔らかくなっているだけ。角質層はサランラップ1枚の厚みしかありませんが、人の手は微細な凹凸を感じるほど敏感なので、多少の油分増加でも柔らかく感じるのです。

化粧水先行より肌がピリピリしない

化粧水はしみるけど乳液はしみないという人は多いです。

なんで?

水分量の違いが理由です。

化粧水と乳液の差は水分と油分の配合バランスの違い。これだけです。本質的には。

化粧水はほぼ水分です。

肌が荒れているときだと、オイルは塗れる、でも洗顔のときの水はしみるってことがあると思います。

水分は刺激になるからです。

ただ水分が角質層に浸透しても刺激にはなりません。神経はもっと奥までいかないとないからです。角質層は爪や髪の毛と同じケラチンで感覚はありません。

肌が弱っている状態だと敏感肌になっています。これは刺激が頻繁に来るため、神経がより早く刺激を察知して予防するために神経を角質層の近くまで伸ばしてくるからです。

乳液だと油分があるため水分含有量が少なく、化粧水より神経に触れる水分が減ります。また油分と水分が乳化しているため、ただの水分より角質層に馴染みやすい。この点で刺激になりにくいのです。

肌荒れしなくなった

化粧品が原因の肌荒れなら、化粧品の何かが刺激になっているからです。刺激は炎症を起こす原因となるため肌荒れになります。

では何が刺激か?

というと、化粧品に配合されているものはどれも刺激になりえます。水でさえも刺激物質となります。

ただ、さっきのピリピリしない話と同じで肌状態に左右されます。

化粧水先行のときは肌荒れしやすくて、乳液先行にしてから荒れにくくなった。

ということは、化粧水の水分で刺激を受けていた、もしくは水溶性の成分(ビタミンCやBなど)で刺激を受けていたのかもしれません。それが乳液先行でなくなったため、肌荒れしなくなったと予想できます。

また、次の浸透性が良くなる?という話に繋がります。

後の化粧水が早く浸透している

乳液先行のメリットとしてよく言われるのが、乳液が先だと化粧水の浸透効率が上がるという話。

でもこれは完全に勘違いです。

なぜなら、油分と水分は混じらない、弾きあうからです。

乳液で肌を油分で満たすと、後から塗った水分は角質層に浸透しづらくなります。

例えば革製品にミンクオイルなどを塗り込んでお手入れしますよね?革靴にも油分たっぷりのクリームを塗ると思います。

なぜかって、そうすると雨の水分を弾くんですよ。革は塗れるとシミになります。でも油分を塗り込んでおくと染み込まなくなります。

乳液先行と同じですよね?

なのに化粧水が浸透しやすくなる……?

というハテナな状況に。

先程の肌荒れしなくなったというのも、乳液先行によって化粧水の水分と水溶性成分が神経に届きづらくなっただけです。

もし乳液先行で化粧水の浸透力が高まるのなら、ありえるとしたら界面活性剤を多量に含むことです。

界面活性剤は水分と油分をくっつける作用があります。だから界面活性剤が角質層内にたっぷりあると、後に浸透した水分を引き込む事は考えられます。

似た仕組みで化粧水の浸透性を高めるのに導入美容液があります。ですが肌を痛めるだけで本当のメリットはありません。

でも後から塗る化粧水が消えていく感覚がある!!

という反論が多いでしょう。

それは次の話で分かります。

スキンケア後のベタつきがなくなった

乳液先行を始めると、後に使う化粧水が馴染んでベタベタしなくなります。

化粧水を先に使い、その後に乳液となると肌表面に粘度のある水分が余る感じがします。

これはお使いの製品性質次第ですが、浸透している?と疑問に思うほど肌に残るものもあります。

ですが乳液先行をすると化粧水がよく馴染みベタつきが消えます。

なぜか?

肌の上では乳液が先であろうが後であろうが肌上で混ざります。

ただ、化粧水を先に塗るより、乳液先行のほうが使用する化粧水量が減ります。

乳液先行は乳液を塗り終わった時点である程度満足できいます。油分があるのでしっとりするため、化粧水だけで肌を潤さなきゃ!という感覚にはなりにくいです。だから化粧水も肌を潤すためというより美容液的な扱い方に近くなります。

化粧水先行だとバシャバシャと多めに塗りがち。化粧水を肌に浸透させないと!という意識が強いためです。でも乳液先行はそれで満足しているため、化粧水の使用量が自然に減ってベタつきがなくなるだけです。

また、乳液には乳化剤として界面活性剤が化粧水より多く配合されています。界面活性剤としての効果は失っている状態ですが、一応肌に界面活性剤が付いている状態になるので、上から水分(化粧水)を与えると弾かれにくくなります。

結果的に肌の上に水分が残りづらくなり、ベタつきがなくなる、そして化粧水が浸透している感覚になります。

普通の乳液でも乳液先行効果は出るのか?

乳液先行というとアルビオンですが、他の乳液で乳液先行している人も多いです。

アルビオンじゃないとダメなのか?普通の乳液じゃないとダメなのか?

というと別に何でも構いません。

ですがアルビオンのほうが肌が柔らかくなる感覚が強いです。他の乳液だといまいちフワフワしづらいと感じる確率が高いです。

理由は油分種類です。

アルビオンのフワフワ効果はミネラルオイル

アルビオンの乳液は、

  • EXCIA EMBEAGE(エクシア アンベアージュ) ミルク 18,000円(200g)
  • EXCIA AL(エクシアAL) リニューイング リッチミルク SV 12,000円(200g)
  • EXAGE(エクサージュ) モイスト アドバンス ミルク 5,000円(200g)

など、主に美白乳液以外は成分表のほぼ先頭にミネラルオイルがきています。

美白乳液にミネラルオイルが配合されないのは、鉱物油を多く入れると有効成分の浸透が邪魔されてしまうからです。それだと美白有効成分が効きづらくなるので配合されないのです。

最初に言いましたが、ミネラルオイル(鉱物油)などの炭化水素油は肌の脂質と協力に馴染みます。

それが角質層の脂質と馴染んで肌を柔らかくする効果を生みます。

ではアルビオン以外の乳液はどうなっているかというと……?

アルビオン以外の乳液はミネラルオイル配合は珍しい

乳液先行に使われているアルビオン以外の乳液はというと、

  • ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク 1,200~2,000円(100g)
  • 無印良品(クリアケア乳液・敏感肌用乳液・エイジングケア用乳液・オーガニック保湿乳液…etc) 580~1,790円(200g)
  • なめらか本舗 リンクル乳液 1,000円(150ml)
  • エリクシール シュペリエル リフトモイスト エマルジョン T 3,500円(130ml)
  • インナーシグナル リジュブネイトミルクG 5,000円(80ml)
  • オードムーゲ 薬用スキンミルク 1,200円(100g)
  • ホワイトハーバル ノーブル ミルク 3,000円(110g)

こんなところが使われています。

ミノンと無印良品は先行乳液のお試しとして使われているケースが目立ちます。初めてだからあまり高いのは……という人が多いのかも。

でも、上記の乳液に限らず、だいたいはミネラルオイルって配合されていません。若干珍しいです。

もちろん他のオイルは入っているのですが、ミネラルオイルが入っていないのでそれほど角質層の脂質を変化させません。

そのためアルビオン乳液より肌がふんわりする感じが減ります。

アルビオン乳液に何か特別なものが入っているのではないんですね。

アルビオンに匹敵する効果が出る乳液はどれは?

アルビオンは一応ネットでも手に入りますが、公式には通販していませんよね。

基本は対面販売で美容部員さんの説明やおすすめを聞いて購入します。まあ高いのを売り込まれたり、一度上のラインを買うと下げづらいとか面倒な問題もあります。

ミネラルオイルが乳液先行効果の肝なら、他の乳液でもいいんじゃない?

ってことで探すのですが、これが案外とないんですよね。

  • 肌ラボ 極潤プレミアム ヒアルロン乳液 800~1,300円(140ml)
  • コスメデコルテ フィトチューン リファイニング ソフナー 5,000円(200ml)

これなんかミネラルオイル配合ですし、実際に乳液先行で使っている人も多いです。

ただどちらも、白潤乳液、ホワイトニング ソフナーなどの美白乳液はミネラルオイル未配合です。

ミネラルオイルだけを見ればまあこうなるのですが、実際は他の油分種類やバランスによって左右されるので、ミネラルオイル=アルビオンに匹敵とは言えません。

そもそも、ミネラルオイルは鉱物油です。

9つの無添加!みたいなアピールの中に、旧表示指定成分未配合とかエタノールフリーとかあると思います。その中に鉱物油未使用ってなってますよね。肌に優しいポイントとしてアピールされています。

なのでミネラルオイルはどっちかというと避けられる成分です。

でもワセリンも炭化水素油ですし、ニベア青缶にも入っています。まあ肌に合わないって人はいるので、必ずしもアルビオン系の乳液がいいとは限らないんですよ。

乳液先行に変わる効果的なスキンケア方法は?

ここまで読んでもらうと、

「乳液先行って微妙じゃね?」

と思う人も出てくると思います。

でも、

  • 肌を柔らかくフワフワにしたい
  • 化粧水の浸透を高めたい

って希望はどうするのだと?

肌を柔らかくするには細胞間脂質を増やす

肌がフワフワに柔らかくなるのは、

角質層に脂質を増やす

というので実現します。

ただアルビオンの乳液先行みたいなフワフワ感は、オイルで作った不自然な状態です。なのでそこまでは実現できません。でもこっちのほうが肌はキレイになります。

具体的には細胞間脂質を増やします。

  • セラミド
  • 遊離脂肪酸
  • コレステロール

が基本です。

この内セラミドが約50%で最大です。

セラミドが角質層の水分量のほとんどを維持しています。

化粧水の浸透を高める方法は……考えなくていい!

化粧水の浸透性を高める方法ですが、ぶっちゃけると別に浸透しなくていいです。

もっと言うと化粧水なくてもいいです。

なぜなら乳液って化粧水に多少の油分が乳化しているだけなので、別に化粧水と大差ないんです。だから化粧水が重要ってこともありません。

そもそも、水分は肌に浸透しないようになっています。肌が弱っている敏感肌な人ほど浸透しやすくなっています。健康でキレイな肌ほど水分は染み込みません。

理由はセラミドなどの細胞間脂質です。

角質層の隙間に細胞間脂質が充満しており、この油分に水分が弾かれるからです。

ただ、導入美容液などの界面活性剤で細胞間脂質を除去したり、配列をを弱めることができます。そうやって水分の通り道を無理やり作ることで化粧水の浸透は高まります。

ですが、肌が柔らかくなる条件は細胞間脂質が増えることです。

導入美容液などの間違ったアイテムで化粧水を無理に浸透させても、結果的には肌は硬くなり汚くなるだけです。無理に化粧水を浸透させても、その水分は肌の一部となりません。しばらくしたら外へ出ていきます。

ただ、細胞間脂質に馴染むようにカプセル化された化粧水なら、肌にダメージを与えずに水分や成分を浸透させることができます。

なので、化粧水を浸透させる方法ではなく、浸透する化粧水を選ぶのが正解です。

乳液先行より「本当に」肌を柔らかくする方法

乳液先行で肌が柔らかくなるのは、ある意味肌の細胞間脂質バランスを崩している悪い行為です。

乳液先行くらいでおかしくなることは稀でしょうが、あまり継続するのは好ましくありません。

なぜなら加齢とともにセラミド(細胞間脂質のメイン)は減少していくので、外部からそれを崩す、減らすような真似はしないほうがいいです。

ではどうやって肌を柔らかくするかというと、やはり細胞間脂質で最もシェアを占めるセラミドを増やすことが唯一無二の方法です。

ヒト型セラミドを選ぶ

セラミド保湿化粧品は、セラミド配合と書いていても種類がいろいろあるので注意。

人の角質層に、人のセラミドとして活動できるのは「ヒト型」のみです。

馬セラミド、こんにゃくセラミド、米セラミド、ミルクセラミド、疑似セラミド……

セラミドと呼ばれる種類はいろいろありますが、肌を柔らかくするという目的ならヒト型しかありえません。そうでないと角質層の中で安定しないからです。

化粧水以外がおすすめ

セラミドは保湿成分の中でもとびきり配合が難しい成分です。水にも油にも溶けにくいからです。

ただ油へのほうが溶けやすいので、化粧水への配合はコストがかかってお得ではありません。

ダメってことはありませんが、それこそ乳液以上のテクスチャーで補うのがおすすめ。

洗顔・クレンジングでセラミドを落としすぎないのが重要

いくらセラミドコスメで補えると言っても、毎日減ってしまう量が増えると意味がありません。

セラミドは細胞間脂質なので油分です。だから皮脂と同じく洗顔やクレンジングで落ちてしまいます。

洗顔やクレンジングをやりすぎたり、洗顔料などがきついと肌が突っ張って硬く感じると思います。まさしくそれが、セラミドなど細胞間脂質が減ってしまっている証拠。

セラミドを入れ替えて新しくするという必要はありません。汚れだけを落とすつもりで、しっかり洗い切るという感覚は捨てましょう。

乳液先行が目じゃない!浸透する化粧水の条件

本当の意味で化粧水を浸透させるなら、同時に「維持」されることも必須です。

ただ浸透するだけだと、角質細胞間の脂質を溶かしてふやかすだけです。それだけならいいのですが、繰り返すと角質細胞の細胞壁が破けることがあります。そうなると肌はキメが荒れて汚くなります。

だから浸透する化粧水だけではダメ!浸透したらしばらく長居してくれる化粧水じゃないと逆効果になります。

水分を脂質化させる技術がベスト

水分は肌に浸透しにくくなっています。セラミドなどの細胞間脂質が油分として水を弾くからです。

でも油分は浸透しやすくなります。

なので、細胞間脂質と同じ脂質に水を包んでしまえば、赤ずきんちゃんの服を被ったオオカミみたいに浸透が可能になります。

一般的にはナノエマルジョン化とされていますが、これは言うほど期待できません。

一番期待できるのはリポソーム化です。

これは水添レシチンなどを用いて、細胞間脂質と同じ構造のカプセルを作り、そこに水分や水溶性成分などを入れ込んで浸透させる技術です。油性の成分もこれで安定して浸透が可能になります。

有名メーカーではKOSEのコスメデコルテ化粧水がこれです。

リポソームでもナノ化が必須

人の肌に何かが浸透するには、分子サイズが500以下とされています(実際には他の条件も絡みます)。

水は500以下の分子サイズなので大きさ的には肌に浸透します。

なのでリポソーム化すれば解決ですが、リポソーム化はカプセル化のことなので、当然サイズが大きくなります。

リポソーム化といってもそれぞれで、ナノ化レベルで小さく安定的に作るのは高技術が必要です。

実際には医薬品の浸透に使われているほどなので、化粧品レベルではリポソーム化とされていてもサイズ的に浸透するのかどうか?という疑念は残ります。

まるで乳液先行!フワフワになるセラミド美容液

ETVOS モイスチャライジングセラム
  • 一般他社より優れたセラミド内容
  • ラメラ結晶化で最初からフワフワ
  • 化粧水いらずで潤いが強い
  • ベタつかずサラッと仕上がるからインナードライ肌にもO.K.

ヒト型セラミドを5種類配合した優秀な美容液。テクスチャーは乳液に近く、乳液兼美容液として使えます。

セラミドはなるべく他種類を配合したほうが高濃度よりメリットがあります。普通はコストがかかるのであまり5種類は見かけません。その割に本体価格が安いんのでコスパが優秀です。

ビタミンCやレチノール、植物エキスなど多数配合。どれも角質層をフワッとさせるのに適した成分ばかりです。

サラッと仕上がりますが不安感はありません。足りないセラミドが補われるので、肌状態は上昇。肌本来の柔らかさと刺激への強さが戻り、チリチリしていた違和感などもスッキリです。

アスタリフト ジェリーアクアリスタの商品画像
  • 洗顔直後に使えるセラミド先行美容液
  • 化粧水の馴染みを良くする本当の先行スキンケア
  • 肌の柔らかさに影響するタイトジャンクション強化
  • 素肌を守るアスタキサンチンで将来の不安解消

一般的に油分が必要なセラミドコスメですが、油分に頼らずに配合している特殊なセラミド美容液ジェリーです。

先行美容液なので本当に洗顔後に使います。濃厚なセラミドは水分を引き寄せます。これを塗って化粧水を塗ることで、洗顔後に化粧水を使うより圧倒的にフワモチです。特に朝起きたときが全然違いますよ。

問題は価格なのですが、これで先行乳液の代わりになり、かつ高価な美容液としてのメリットもあります。だから、この美容液ジェリーを使うなら仕上げはプチプラで構いません。素肌状態に一番いいセラミドが入っているので、後はちょっと化粧水、仕上げにニベア青缶とかで十分。皮脂が多い人はこれだけでもO.K.!それでいて、将来の肌不安も打ち消す内容ですから。

リポソーム化よりすごい!入っていく化粧水No.1

b.glen QuSomeローションの商品画像
  • アメリカ発の薬学博士が開発
  • リポソームをさらに進化させたQuSome
  • 17時間保水を実現した本物の化粧水
  • 化粧水だけケアでも乾かない高い水分感と維持力

アメリカ人の薬学浸透技術の権威が立ち上げたブランド。通常は高価になるリポソーム系技術もこのブランドのオリジナル。だから全面採用で肌に入っていくレベルが違います。

特にこの化粧水は別格。普通、高保湿化粧水というととろみがきつくなります。でも大して維持されませんよね。肌が重くなるだけです。

でもQuSomeは角質層の底に入り込み、徐々に保湿成分を放出。これもQuSomeの特徴。だから長時間に渡って肌内部から潤いを供給し続けます。

細胞間脂質に馴染みやすい特性を持っているので、乳液先行のような無理やりさはありません。高い水分維持でフワフワ。これが化粧水だけで長く続き、肌状態をよりベストな環境で維持できます。